憲法記念日

久々に書いたブログのタイトルは、ベタである。
今日は憲法記念日という名前が付いた祝日だ。
そのまんまのタイトルだ。

職業や職種によって休みは違うだろうけど、「土・日・祝日休み」タイプの人なら、5/2と5/6の2日を休めれば、今年は10連休になる人もいる。
そうなると、まさに「大型連休」にふさわしい。
そんな人達にとって、今日は「大型連休」に埋もれてしまい「何の日か」を忘れ去られやすい気がする。
だから、あえて、ベタなタイトルでブログを書いてみた。

さて、そんな憲法記念日―――。
現在の日本国憲法については、いろんな意見がある。
改憲の是非をめぐっても、いろんな意見がある。
多くの議論に登場する「憲法9条」に関しても、いろんな意見がある。
いろんな意見があることは、悪いことじゃない。
むしろ、ある国の国民全員が同じ意見だったら怖いよね。

このブログを書いてる俺自身は、現段階で、改憲には反対の立場だ。
でも、改憲派の「いろんな意見」の中には「なるほど、そうかも」っていう意見もあるし、憲法や法律を専門的に勉強したこともないから、今ここで憲法に関してそれ以上のコメントはしない。

でもね、憲法がど~とか言う前に、たった一つ自信を持って言えることがある。
人の命は尊い。
その尊さは、国籍や性別や年齢や仕事や貴賎などあらゆる差異を超えて、まったく平等だ。
そして、人の命を他人が強制的に奪う行為は、いかなる場合においても許されないと思う。
だから、いかなる場合においても「殺人」は許せない。
本人の意志に関わらず人の命が奪われる「戦争」は「殺人」だ。
だから、「戦争」という名前の「殺人」は許せない。

うん、めっちゃシンプルなんだよね。
「人の命って尊いな~」って思ったら、自然に「戦争」なんて「殺人」には反対しなきゃって思うもん。
[PR]
by Joker-party | 2016-05-03 08:26 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party