<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

備蓄しろ!

会長による今月の目標は「備蓄」だ。
「不安定な世の中で、一寸先は闇だから、いざという時に備え、充分なストックを確保しておくべきだ。とにかく徹底的に備蓄しろ!」との命令だ。
保存の利く食料品や飲料水はもちろん、各種の生活必需品から自家発電用の燃料に至るまで、徹底的に備蓄するようにとのことだ。

我々の課は、備品担当なので、その陣頭指揮を執ると共に率先して備蓄に当たらねばならないのだ。
大型スーパーや量販店で購入できるものは、誰に指示しても揃えられるのでいいが、そうもいかないものもあるから大変だ。
特に会長が力を入れておられる女性の備蓄は難しい。

どんな女性でもよく、手段を選ばないなら、失神させて拉致することも出来るだろうが、それでは犯罪になってしまう。
会長の出された指示書によると「16歳から21歳までの女性で、NGプレイなしで、ノーギャラで会の施設内に自ら進んで移り住むことを希望している者」とある。
そんな女性を1000人も備蓄するのは、至難の業だ。

とりあえず友達のスカウトマンに相談してみよう。
[PR]
by Joker-party | 2008-10-31 04:57 | Comments(0)

「いらっしゃいませ!」
「あ~、あのさ~」
「なんでしょう」
「アワビって置いてる?」
「はい。もちろんございます」
「どれ?」
「これです」
「あ~、アワビって貝なんだ~」
「そうですよ」
「そうなんだ~、いや魚介類とか全然詳しくないから…。1個でこんなするんだ」
「はい。鮑は貝の王様ですから」
「なんでこんな高いの?」
「そりゃあ王様ですからね」
「美味しいってこと?」
「ええ。もう最高です」
「試食とかできないの?」
「やってないですね」
「でもさ…こんな高いんだから、もし買うとしたら味とか知りたいじゃん」
「食べたことないんですよね」
「うん。一度も。てか貝だって今知ったし」
「わかりました。特別にほんの少しだけなら」
「マジで!」
「はい。でも、悪いけどあたしの食べ残しですよ」
「うん。それでもいい」
「じゃあ。ちょっと待って…はい」
「うわあ、めっちゃ美味い。でも、なんか貝って感じ全然しないけどね」
「ええ。それミカンですからね」
「へ~え、めっちゃ美味いわ。さすが王様ですね~」
「ありがとうございます」

[PR]
by Joker-party | 2008-10-30 05:19 | Comments(0)

ユートピア

ユートピアって知ってるかい?
桃源郷っていうんだぜ。
この世の楽園、理想の土地ってことなんだ。
桃がいっぱいだ。
桃っていうのはピンクだね。
やっぱり桃色は理想の色なんだね。

ユートピアは、ピンク色。
ピンクのカーテンに、ピンクのシーツ。
ピンクの下着に、ピンクのタオル。
ピンクの×××と、ピンクの××××。
そして、あっちでもこっちでも×××××××××。
朝から晩まで×××××××××××××××。


ユートピアって、どこなんだ?
地図とか見ても出てないよ。
場所のヒントはピンク色。
ピンクな気分で、ピンクなアンテナをピンクに立てて探しましょう。
そして××××××を××××××すれば×××××××××だよ。
[PR]
by Joker-party | 2008-10-29 04:38 | Comments(0)

別人として迎える冬

去年の秋頃から始まった最悪な状態は今年に入って加速し、このままだと地獄のような状態になりそうなことが予測されたため、別人として生き直すことを決断し、春から整形を開始。
膨大な金額を投入したおかげで、あたしの顔や体型は、ほぼ別人となった。

今月中に身辺を整理し、来月には、まったく行ったことがない土地に引っ越して、別人として冬を迎えるのだ。
きっと、今度こそ幸せになれるはずだ。

大好きなギャンブルも控えようと思う。いや、できればやめる。
大好きなホスト遊びも控えようと思う。いや、できればやめる。
大好きなブランド集めも控えようと思う。いや、できればやめる。
大好きな暴飲暴食暴男も控えようと思う。いや、できればやめる。

そうだ!
パチンコ屋や場外馬券売場やホストクラブやファッションビルや高級レストランやバーや居酒屋やテレクラや出会いカフェなどがない土地に引っ越せばいいのだ。
なければ、結果的にやめれるからな。

よ~し、大自然に囲まれた田舎の小さな土地に引っ越して、まったくの別人として生きよう。
そして、自然の中で地に足を付けて働くのだ。
イメクラやヘルスはなくたって、ピンサロぐらいあるだろう。
きっと、今度こそ幸せになれるはずだ。

[PR]
by Joker-party | 2008-10-28 08:16 | Comments(0)

値段比べ

高所得者の買い物。
(…あ…これ…なんかいいな)「これ、ください」

中所得者の買い物。
(…あ、これ…欲しいなあ…ま、この値段ならいっか)「…これ、ください」

低所得者の買い物。
(…あ、これ…欲しいけど…値段は?っと……うん、これなら今まで見てきた中で一番安いもんな…今度給料入ったら買っちゃおうかな…よしっ)「…あ、また今度買いに来ま~す」

超低所得者の場合。
(…へ~え、こんなもん売ってるんだ…へ~え、こんなんでこんなするんだ…高いなあ…でも、お金切り詰めて買うほどのもんじゃないよな…ま、いつか臨時収入でもあったらってことでね…うん、そうそう、無駄な出費はやめなきゃね…)「あ、すいません。邪魔でしたか?」

超超低所得者の場合。
(そういう場所に行かない)
[PR]
by Joker-party | 2008-10-27 06:47 | Comments(0)

二人で昼寝

俺たち夫婦は、絶好調なのか危機的状況なのかわからない。

ここんとこ数ヶ月、土日などでお互い休みの日には、二人で昼寝をしている。
疲れた身体に昼寝がいいのは言うまでもないし、寝覚めも爽快でリフレッシュする。
でも、ふと「ん?待てよ!」と思ったのだ。
たとえ昼間でも、夫婦で寝室にいて、時間があるのに、一度もしてないのはどうなんだ?
たしかに昼寝は気持ちいい。
でもセックスも気持ちいいはずである。
でもでも、我々夫婦は二人で昼寝。
ど~なんだ、これって。

夜に、ないわけじゃない。
たまには、激しい時だってある。
いわゆるセックスレスじゃないのだ。
だから、わざわざ昼間しなくたっていいんですよね。
でもなあ。
二人とも休みで、同じ寝室にいて、お互い一回も求めないなんて…。

よおし、今日は誘ってみよう。
でも、拒まれたらど~しよう。
もし拒まれて決行したらDVなのかしらん?
それともDVDはブルーレイとかになっちゃうわけ?
ああ、悩ましい日曜日だ。

[PR]
by Joker-party | 2008-10-26 07:32 | Comments(0)

誤魔化してセーフ?

ずっとカレシがいなかった…てか作る気にもならなかったあたしに初めて好きな人が出来た。

その人とは、まるで安っぽいドラマみたく偶然出会った。
地下鉄の駅で、落とした定期入れを拾ってくれたのだ。
彼は定期入れを渡すとすぐ何事もなかったように立ち去ったのだが、そのさりげなさにあたしは惹かれた。
そして偶然にもあたしはその彼と同じ車輌に乗り合わせたのだ。
そして「さっきはどうも」と言った瞬間、あたしは10年ぶりぐらいで恋に落ちた。
まさに安っぽいドラマみたいで、こんなことってあるのかと思ったけど事実なのだ。

さらに偶然なコトに、彼はあたしと同じ駅で降りると言う。
ここままサヨナラするわけに行かないじゃないか。
精一杯さりげなさいフリをして「お礼にコーヒー一杯」と二億年前のような逆ナンをした。
歩かせては悪いと思ったから、駅前にある五億年前開業したような古い喫茶店に入った。
その喫茶店は、サラリーマン風の客ばかりで、各テーブルに数冊の雑誌が置いてあった。
あたしたちが通された席にもあったのだが、それを見た瞬間あたしは凍った。
そこには風俗情報誌が置かれていて、その表紙があたしだった。

彼が、さりげない仕草であたしの心を奪った彼が、ソープ嬢のあたしと、目の前のあたしを、見比べている…に決まってる。
なにげにテーブルを片付けるフリをして雑誌を視界から去らせるなんてワザは出来なかった。
てか、そんなことしたら「はい、ソレあたし」って言ってるようなもんだ。
こういう場合、逆に「似てる」とか言ってくれた方がいい。
凍りついたような、実は短いけど長い時間が過ぎて、彼はそう言ってくれた。
そして、なんとか誤魔化して、その場を切り抜けたのだ。

その彼と来週会う約束をした。
ドキドキする。
十年近く忘れていたトキメキ感を抱きつつ出勤した。
何人目かのお客さんと対面した時、あたしは瞬間冷凍フリーズドライした。
それは、さっきの彼だった。
あたしは、この危機的状況を切り抜けられるのだろうか?
                                    (つづかない) 

[PR]
by Joker-party | 2008-10-25 09:08 | Comments(0)

温泉玉子

ラーメン屋とか牛丼屋とかのメニューに「温玉」って書いてあることがある。
温泉玉子のことだそうだ。

温泉玉子ってのは、茹で玉子の一種で、半熟の逆らしい。
つまり、格式高いホテルの朝食などで出される半熟は「白身固まり、黄身トロ~リ」だが、温泉玉子は「黄身が固まり、白身トロトロ」なんだってさ。
そんなこと知ってるわいっ!って?
はいはい、すんまへんなあ。

古い『サザエさん』とかの漫画では、「茹で玉子」のことを「うでたまご」って言ってるのだ。
江戸っ子なのかしらん。
「ゆでんじゃねえよ、うでるんでえ、べらぼうめ」ってことかな?

なんで温泉玉子って言うかなんてこたあ、どうでもいい。
オンセンタマゴって響きがプチエロい。
その昔、「ゆでたまご」という漫画家さんがいた。(今もいるかな?)
だから対抗して「温泉玉子」っていう漫画家になりましょう。
そしてプチエロい漫画を描きましょう。
デビュー作は『牛丼屋の女』にしましょう。
そして、つげ義春さんの話とかしながら新宿ゴールデン街で飲んだくれましょう。
[PR]
by Joker-party | 2008-10-24 04:13 | Comments(0)

ラジオ

は~い、皆さんこんばんは!
『3時半って深夜か早朝かわからんラジオ』で~す!
ラジオなんて最近聞いてないよね。
てか、単品でラジオとか持ってないよね。
ちょい前ならラジカセとかあったけど、今ダウンロード系メインだもんね。
だから、この番組を聴いてるあなた、とっても貴重&稀少、つまり偉いんです。

では、まずは1曲。
JUDY AND MARYの『RADIO』。
この曲ね、ジュディマリ2枚目のアルバム『ORANGE SUNSHINE』に入ってるんだけど、ラジオってホントはレディオなんだってことを改めて気付かせてくれる曲です。
この頃は、まだ恩ちゃんの曲の方がが多かったんだけど、これはTAKUYAで~す。
とか言っても、ほとんど知らないかな。
カラオケとかで歌ったことはあるかもだけど、『そばかす』が恩ちゃんで『クラシック』がTAKUYAなんです。
ほんじゃ、どうぞ!

 (♪曲♪)

ね、レディオって言葉が耳に付いて離れないでしょ。
ざまみろ!
ではでは、ここでちょっとCM。

[PR]
by Joker-party | 2008-10-23 04:12 | Comments(0)

韮のポジションは微妙だ。

ニンニク入り餃子はパスって人でも、ニラまではオッケーって人がいる。
一方、レバニラ炒めは食べるくせに、単品でニラを買ったことがないって人もいる。
スーパーで早目に無くなるモヤシに比べて、ニラは2束100円とかでもなにげに残ってる。
とにかくニラは、なかなか主役を張れない存在なのだ。

てか、主役を張れる野菜って、なにげに少ないかも。
じゃがいもなんか、かなり主演作品あるよね。
玉葱や南瓜は、スープ部門で主演してるし。
ホーレンソウやブロッコリーは、イタリアンで主役もらったりする。
でもでも、ニラは脇役が多い。
かろうじてレバニラはニラがクローズアッップされてる数少ない作品だ。

そんな韮ですが、けっこう名前は売れてるのだ。
小松菜とホウレンソウを並べて見せて、どっちがどっちかわからん子供でも、韮は知ってたりするから。
いや、そーでもないか。
こないだ、近所の子供に韮を見せて「これ、な~んだ」って聞いたら「ススキ」って言ったからな。
…嘘です。
[PR]
by Joker-party | 2008-10-22 04:38 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party