<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

筆記用具

またも、数日放置してしまった。
てか、このところバタバタしてて…。
すみません。

素朴な疑問―――。
文房具売り場には、数多くの筆記用具が並んでいる。
しかも、筆記用具のコーナーは、どこでもけっこう人がいる。
つまり、多くの人々は、そこそこ筆記用具を持っているはずだ。

そこから類推すると、どんな家にも少なくともボールペンの一本ぐらいはあるはずだ。
いや、きっとあるだろう。

しかし、訪問した先で必要上書類にサインを頂かねばならないことがあるのだが、お持ちでない方が多いのに驚く。
もしかすると、お持ちなのかもしれない。
ただ、鞄とか机まで取りに戻るのが面倒なだけかもしれない。

実情はわかりません。
予想以上に筆記用具の所有率は低いのか?
予想以上に人々は面倒くさがりなのか?
さあ、どっち??
[PR]
by Joker-party | 2011-09-29 15:56 | Comments(0)

台風一過&秋到来

今週水曜日を中心に全国を襲った台風は、凄かったですね。
都心でも木が倒れたし、かなり長い間電車各路線も前面的に運転見合わせになってて、とにかく猛威をふるわれたって感じでした。

そして、台風一過―――。
東京地方の空気もすっかり入れ替わり、今日はにわか雨もなく秋晴れです。

やっぱり、晴れて涼しいと気分がいいですね。
残念ながら、ここ数日は遠出とか出来ないけど、それでも気分が違うもんね。

どうぞ、しばらく秋晴れの日々が続きますように!

[PR]
by Joker-party | 2011-09-24 15:36 | Comments(0)

『木曜日だった男』

読んだ本シリーズ!
えっと、少し前に読みました。

作者は、推理小説の《ブラウン神父シリーズ》で有名なチェスタトン(イギリス)です。
従来『木曜日の男』として邦訳されていた小説ですけど、今回読んだ光文社古典新訳文庫では、原題に忠実にして「だった」となってます。

内容は、ちょっとミステリー風なので、読んでない方のために書けませんけど、とにかく着眼点がめっちゃ良くて、面白かったです!
[PR]
by Joker-party | 2011-09-23 17:02 | Comments(0)

ままならぬ人生

人生は、なかなか思うようには行きません。
そんなの大昔からそうですね。

わかってるけど、やっぱりうまく行かないと辛いですね。
そんな時、小さな旅にでも出たら気分も変わるもの。

でも、必ずしも好天に恵まれるとは限りません。
せっかく出掛けようと思っても、旅先で大雨だったらつまりません。

今、晴れてるのに、そんなことを思った朝でした。

[PR]
by Joker-party | 2011-09-19 06:49 | Comments(0)

放置してた罰?

なんだかバタバタしてて、3日間もブログ放置してました。
いかん、いかん。

その罰が当たったんだかなんだか知らんけど、プリンターの調子が悪くなっちゃった(泣)。
普段は、あんま写真の印刷とかしないんだけど、久しぶりにやってみたら不具合が…。

そういえば、所属してる作家集団の仲間もそんな話をしてました。
修理に出すハメになったとか。

そんな話の中で「いわゆるメーカーの純正インクってなんであんな高いんだろ?」って言ったら、仲間の一人が「機種本体の価格が安くなってるから、インクでもうけてるんだ」って。
マジすか!
もしそうなら、物価って深いね。
ま、自販機のジュースとかも120円から80円ぐらいまであるし。
スーパーとかだと、ペットのお茶も60円ぐらいで買えるし。
あれ、話ちがくなってるかな?
[PR]
by Joker-party | 2011-09-17 09:26 | Comments(0)

凄い満月

昨夜は「中秋の名月」と呼ばれる満月の夜だった。
もちろん今年だけじゃない。
毎年、この日はやって来るのだが、この日に意識して月を見た記憶があまりない。
少なくともここ10年ぐらいは。

また、そう呼ばれる日が、必ずしも快晴とは限らない。
お月様自身は満月状態でも、曇っていたら地上からは見えないのだ。

そして、今年の昨日は晴れていた。
珍しく意識して空を見上げた。
お月様は、まんまるだった。
しかも、キラキラ明るく輝いていた。

あまりにも見事な満月に感激した!
そして、その明るさにも。
街頭などのない場所でも、かなり明るいだろうなと思った。
そして、その月を照らすお日様の力も凄いなあって思った。

改めて大自然の素晴らしさを思い知らされた本当に凄い満月でした!

[PR]
by Joker-party | 2011-09-13 17:31 | Comments(0)

『狂人失格』

少し前に、ほぼ毎日読書は欠かさないので、たまには読んだ本のことも書きましょう、みたいに言ったので、忘れないうちに書きました。

えっと、今日取り上げる本は中村うさぎ氏の書かれた本です。
うさぎさんのことは、ニュース番組などで知っていましたが、彼女の著書を読んだのは初めてでした。

そして、初めて読んだ『狂人失格』っていう本―――。
めっちゃ面白かった!
うん、マジで。

この本は、いわばセルフドキュメンタリーみたいな本で、大雑把に書くとこんなです―――。

自称小説家の「有名になりたい願望」が異常に強い女性が、ネット上のサイトで異常なまでに自己顕示をしていた。
彼女は悪い意味でネットで話題の人らしく、さんざん悪口などを書き込まれたりサイトが炎上状態になったりするが、まったくメゲない。
その彼女に興味を持ったうさぎさんが、彼女を軽蔑する業界人へのアンチテーゼみたいな感じで、彼女と共著を出そうと思い立ち彼女とコンタクトを取る。
実際に会ってみると、彼女は想像以上に「凄い人」で、まったく他者の視線を意識せず自分の想像世界だけに生きているような人だった。
結局、うさぎさんと彼女との共著は出なかったが、そんな「狂人」に出会って、うさぎさんは自分は本当の意味では「狂人」にはなれないと悟った。

ああ、なんてわかりにくい紹介なんだろ。
てか、この本の面白さは内容ももちろんだけど、うさぎさんの文体ていうか語り口なので、こうやって「あらすじ」っぽく書いても、面白さは全然伝わらないや。
でもね、うん、とにかくめっちゃ面白いんです!

世の中に存在する「固定観念」みたいな「価値観」に疑問を持つ視点や、さんざん叩かれてる彼女の真意を探ることが結果的に自分探しの旅になってる構造や、とにかくすんごく面白かったです。
[PR]
by Joker-party | 2011-09-12 05:59 | Comments(0)

友達の店

長い付き合いの男友達が、小さな居酒屋を開いたという知らせをくれた。
凄いと思った。

店に行って詳しく聞くと、別の居酒屋で知り合った友人と意気投合して共同経営に至ったらしい。
いずれにしても凄い。
なんたって自分のお店なんだもんね。
うん、凄いよ。

これからは、そこでいろんなイベントをやってみたいと言う。
素敵だ。

そこが、居酒屋にしても劇場にしてもライヴハウスにしても、自分がオーナーの空間を持てたなんて、マジで素晴らしいことだ。
拍手だ。
てか、世の中で自分のお店を持ってる人は、苦労も多いと思うけど素敵だな。

そんな話とはまったく関係ありませんが、今日は再び蒸し暑さ復活で、ふうっ。
[PR]
by Joker-party | 2011-09-09 16:52 | Comments(0)

読書の秋

まだまだ猛暑復活の可能性はあるだろうけど、とりあえず最近涼しくなった。
もしかすると秋到来かもだ。

季節を問わず読書は欠かさないけど、涼しければ読書も進む。
読書の秋とは、よく言ったものだ。

改めて書くまでもないけど、世の中には実に多くの本がある。
そして、いわゆる古典の名作などと呼ばれる「著名な本」も数多い。
よく中学や高校で「これだけは読んでおきたい本」みたいなリストが配られたりする。
そんなリストに登場しそうな古典の名作だけでも、かなりの数があると思う。

しかし、おそらくまだその半分も読破していない気がする。
そして、そういうリストに載るかは知らんが、興味深くて未読の本も数多い。
つまり、読みたいなと思っていながらまだ読んでいない本は、信じられんぐらいあるのだ。

そう、こんなことを書いてる場合じゃないのだ。
急いで読書に戻らなくちゃ。

あ、今気付いたけど、このブログで読んだ本の話とかあんま書いてなかったね。
えっと、今度からたまに書きますかもしれないっす。

[PR]
by Joker-party | 2011-09-07 05:15 | Comments(0)

長葱の臭い

現在住んでいる地域は、運よく暴風雨に見舞われず、今回はズブ濡れにならんかった。
そして、なんとなく秋めいてきた。

7月頃の長期予報だと、今年も残暑が厳しいと言ってたから、まだ猛暑復活するかもしれんが、今のところ秋が近付いてる感じだ。

そんな頃、部屋の冷蔵庫に眠っていた長葱が匂った。
少し古くなってきた長葱は、いやな臭いがした。
なんか昔どっかのテレビで、この臭いとワキガには共通のクサミ成分が含まれてるとか聞いたような気がするが、とにかくいや~な臭いなのだった。

対処法はふたつしかない。
捨てる or 調理して喰らう。
―――もちろん焼いて喰ったぞ。

だから、もう臭わん。
[PR]
by Joker-party | 2011-09-05 03:31 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party