ネイル

いくつになってもオシャレを楽しむのは素敵なことだが、ラッシュ時の電車などで「そこまでしなくても!」という爪をした中年女性をよく見掛ける。

―――見掛けますよね?

[PR]
# by Joker-party | 2016-01-22 07:02 | Comments(0)

松の内

地方によって差があるようだが、おおよそ1月15日までを「松の内」と言って、それ以降は門松などの正月飾りを取り外し「お正月」が終わるとされている。
そこで、取り外された時の気持ちを近所の門松に聞いてみた。

「どんな気分ですか?」
「なんか寒いね」
「お疲れ様でした」
「一杯やりたいね。付き合ってくんない?」
「いいですけど、どこで飲みます?」
「やっぱさ、若いコがいる店がいいね」
「キャバクラとかですか?」
「もっと凄いとこ」
「凄いって?」
「だからあ、すんごいとこだよ」
「はあ」
「じゃあ、オレの行き付けの店行っちゃう?」
「いいですけど、近くなんですか?」
「まあね。さ、脱いで!」
「え、ここで?」
「当たり前じゃん、早く脱いで脱いで」

そう言うと、門松はぬるりと裸になって飛び出していった。
[PR]
# by Joker-party | 2016-01-17 05:37 | Comments(0)

ちょっと不便な時代

現在、日本において主流となっているコミュニケーション・ツールはSNS系らしい。
つまり、友達や仲間と連絡を取り合う手段の中心は、スマホのLINEなどになっている。

いまさら言うまでもないけど、時代によって連絡手段は変化してきた。
まあ、こんなふうに…
 「手紙⇒固定電話(⇒ポケベル)⇒携帯電話⇒メール⇒LINEなど」

以前、ケータイメールが主流だった時代に、友達に電話したら「あれ、メールじゃダメな用事?」とか言われて、ちょっとビックリした。
最近、友達にメールしたら「あごめん、ほとんどLINEばっかだから、気付かなかった」みたく言われて、ちょっとビックリした。

時代の変化で、いろいろ便利になってるけど、でもなんか、ちょっと不便な時代だな~。
でも、スマホなんか買わないも~ん!
[PR]
# by Joker-party | 2016-01-11 07:33 | Comments(0)

暗闇

都市部だと、夜中でもけっこう照明が点いていて、真っ暗闇というのは珍しい。
しかし、少し都市部を離れると、真っ暗な場所も多い。
そんな場所では、陽の光の大切さを痛感する。

当たり前だが、暗闇では周りが見えない。
だから道がわからない。
ましてや、知らない土地で暗闇の中に置かれたら迷子だ。

都市部でも、夜中だと知らない場所にいたら暗闇度は増量だ。
似たようなビルディングが建ち並んでいて、どこがどこやらわからない。
だから、多少照明があっても暗闇のようである。
そんな場所でも、陽の光の大切さを痛感する。

太陽の光=昼間の有り難さを改めて思う。
そして、眼が見えることの有り難さを改めて思う。
どうもありがとうございます!



[PR]
# by Joker-party | 2016-01-08 07:47 | Comments(0)
改めまして、2016年がスタートしました!

―――なんて書いたけど、特別な意味はありません。
個人的なネット環境も、まったく変化なし。

以前、何回か書いたと思うけど、相変わらずスマホもタブレットも持ってないし、いまや「超古典的タイプ」のガラケーしか持ってないです。
その上、パソコンもOSも古~いから、とにかく遅いっ!―――そんな状況のままです。

でも、せっかく新年になったから、なんか一つぐらい変化があったらな~って思ってたら、まあ比較的長年にわたって(断続的だけど)書き続けてるこのブログに「フェイスブック連携」っていう機能があることを知りました。

たたでさえ、まったくと言っていいほどフェイスブックにコメントしてないんですけど、その機能を使うと、このブログに投稿した時、お知らせが出るみたいに書いてあったので、やってみました。
新年だから、テストしてみよっかな~、って思ったわけです。

さて、うまく連携してるのかな?
してる?
[PR]
# by Joker-party | 2016-01-06 08:27 | Comments(0)

2016年スタート!

新年になりました。

2015年は、「戦争をする国」に導く安倍政権の暴走を筆頭に「暗く悲しい出来事」が多かったですが、一方で「人を殺さない国」でいたいと多くの人が集まり勇気をもらえた「嬉しい出来事」もありました。

どうか2016年が、「暗く悲しい出来事」より「嬉しい出来事」の多い年になりますように!
てか、しなきゃ!




[PR]
# by Joker-party | 2016-01-02 05:15 | Comments(0)

年末の不思議

現代の都市部では、新年の「三が日」でも営業しているスーパーや量販店が多い。
それなのに、年末になると大量の食料品を買い込む人が多くいる。
とても普通の家族構成では「三が日」どころか「七草まで」でも食べきれないほど買い込む人もいる。
いったいどうしてそんなに買い込むんだろうか?
―――不思議だ。

不思議だ??

[PR]
# by Joker-party | 2015-12-28 07:27 | Comments(0)

丁稚羊羹

和菓子の名前である。
読みは「でっちようかん」―――。
関西の和菓子で、近江地方の名物だそうで、竹の皮に包まれた薄~い羊羹である。

竹の皮をむいて食べると、甘みの薄い羊羹に笹の香りが混じって美味である。
日頃、めったに甘い物を食べないが、この丁稚羊羹だけは美味いと思う。
ただ、あまり東京では売ってないようだ。
とはいえ、もし売り場が増えたとしても、わざわざ買いには行かないと思う。
お土産で食べるから、よけいに美味いのだ。

[PR]
# by Joker-party | 2015-12-17 04:19 | Comments(0)

若狭の鯖

たまたま読んだ新聞記事に、鯖街道のことが書いてあった。
日本海でとれた魚のサバを京都まで運んだという街道のことだ。
街道の出発地・若狭小浜では、今でも焼鯖が名物だ。
しかし、現在売られている焼鯖のほとんどは外国産のサバらしい。
今、若狭の海における鯖の漁獲量は極めて少ないからだそうだ。

そうだったんだ…。
なんか残念。
[PR]
# by Joker-party | 2015-11-29 07:20 | Comments(0)

シャツの話

今年に入ってから、ごくたま~にしかブログを更新できない日々が続いています。
そして、たま~に書くと「暗い世の中」の話ばかりでした。
相変わらず世の中の「暗い状況」は続いてるけど、少し気分を変えなきゃって思って、今日はまったく違う洋服の話を書いてみます。

『シャツの話』―――。

もともと服が嫌いな方じゃないけど、お金がないこともあって、ここ何年も新しい服なんて買ってない。
最近、ふとしたきっかけで狭いタンスの中に眠っていたシャツを数枚見付けた。
数回しか着ていなかったらしく、とてもキレイな状態だった。
あ、長袖の秋冬物みたいなやつです。

そして、思った。
そ~いえば、シャツを着る機会が減ってるな~って。
そして、思い当たった。
もうかなり前になるけど、いわゆるダウンジャケットみたいなやつを買って、冬場は愛用してきた。
それを着ると、中は薄着でもけっこうあったかいのだ。
しかも、今は冬場でも、建物の中は暖房が効いててあったかい。
だから、中間に位置するシャツをいっぱい揃えなくても平気なのだ。
だから、シャツを着なくなったんだ。
―――そう思ったんです。

でも、まあ、オシャレな人は、どんな状況でもいろいろコーデするんだろうな。
結局、自分のアンテナがオシャレに廻る余裕がないのかも。

ま、いっか。
あ、見付かったシャツは、これから着てみま~す!

[PR]
# by Joker-party | 2015-11-23 07:42 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party