蔦の絡まる煉瓦造りの家に住みたいと思った順造は、蔦を買いに行こうと思った。
TSUTAYAには、残念ながらなかった。
花屋にも売ってなかった。
八百屋に聞いてみることにした。

「蔦ってありますか?」
「あるよ。天麩羅にするの?それとも鍋?」
「壁に絡ませようと思って…」
「ああ、観賞用ね」
「はい」
「じゃあ大きく育った方がいいよなあ」
「そうですね…」
「これなんかいいよ。120円でいいや、勉強しとく」
「ああ…」

順造は、120円で種を買った。
買わされたのはスイカの種だったので蔦にはならないはずだが、たいした問題ではなかった。
それより問題なのは、まず今夜寝る場所を探すことだった。

[PR]
by Joker-party | 2008-11-14 05:03 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party