人気ブログランキング |

2008年 01月 16日 ( 1 )

三階席

久しぶりに歌舞伎を見た。
たまたま「行かれないから」とチケットを譲ってもらったのだ。
新橋演舞場の三階席だ。

演目は『鳴神不動北山桜』。
市川海老蔵が五役を演じ分けるというのが売り物の歌舞伎公演である。
海老蔵の役は、登場順に東雲王子・安部清行・粂寺弾正・鳴神上人・不動明王の五つ。

自分にとっての初芝居が歌舞伎っていうのは、ものすごく久しぶりだ。
ってゆうか、歌舞伎自体もね…。
この演目は以前にも見たことがあったけど、新しい発見があって楽しかった。

だいたい三階席で芝居を見ることって、現代劇では少ないですよね。
いわゆる「商業演劇」は別として。
それに、もし機会があっても、あんま三階で見たくはない。ちっちゃいもん。
でも、歌舞伎の場合、三階で見ても面白いのだ。
たぶん、それは歌舞伎が様式的要素が多い楽劇だからだろう。

現代劇では、楽劇の形式を取らないことが一般的だ。
だから、歌舞伎で「見得」や「六方」などの型や、絵画的要素の強い「立ち廻り」などを見ると、
とっても新鮮だ。
そして、必ずしも楽劇形式じゃなくても様式美を追求することは「あり」だなと思った。

三階席で見ても面白い芝居を書けるのは、一つの才能だ。
by Joker-party | 2008-01-16 10:05

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party