人気ブログランキング |

2008年 02月 11日 ( 1 )

 
 道に、大きな斧が落ちている。
 男が歩いてきて斧を見つけ、立ち止まって見詰めている。
 反対側から女が歩いてきて、男の様子に立ち止まる。

女「…なんですか?」
男「斧みたいなんですけどね…」
女「斧?」
男「ほら、薪割りとかに使うやつですよ」
女「ああ…なるほど斧ですね。あなたが置いたんですか?」
男「いや、違いますよ」
女「じゃあ、なんでこんなところに…」
男「知りませんよ」
女「でも…斧が道に落ちてるなんて、おかしいじゃありませんか」
男「たしかに変ですけど、私じゃありませんよ」
女「じゃあ誰がここに?」
男「だから知らないんです。私が歩いてきたら、すでに斧はあったんですからね」
女「薪はどこにあるんですか?」
男「薪?」
女「あなた、さっき薪を割るのに使うって…」
男「いや、それは例えばの話です」
女「じゃあ、あなたは何を割りたいんですか?」
男「私は別に何も割りたくなんてありませんよ」
女「じゃあ、私が割ってもいいんでしょうか」
男「ええ。構いませんよ」
女「そうですか…じゃあ、ちょっと失礼して…」

 女、斧で男の頭を割って去る。

by Joker-party | 2008-02-11 05:10

冗談会議の怠慢なブログ


by Joker-party