人気ブログランキング |

2008年 03月 05日 ( 1 )

餅料理候補

先日、日本餅振興協会の分科会で『新しい餅料理の開発』というテーマで議論が交わされた。
議論に向けた基調提案の要旨は、こうだ。
「現在、餅は正月をピークにして冬場中心にしか売れない傾向にある。餅の売り上げを、一年を通じて季節に関わらず延ばすには、新しい餅料理を広く提案し普及させることが必至である。今回の分科会では、そんな新しい餅料理の候補を絞り込みたい」

たしかに餅を食べる機会は、少ない。
餅料理と言われて思い出すのも、お雑煮・磯辺焼・安倍川・からみ餅ぐらいで、あとは「鍋料理の最後に投入する」などしか浮かばない。
協会の方々が頭を悩ませるのもうなづける。

分科会では、最終候補の絞り込みに向けて、数多くのエントリーがなされたという。
その一部を紹介しよう。

●餅カツ(餅をトンカツのように揚げたもの)
●びよ~ん餅(引っ張ると限りなく延びて遊べる餅)
●スペイン風餅(餅の表面に「スペイン」と焼文字が入っている)
●わんこ餅(小さな餅を食べる度に、次の餅を犬が運んでくる)
●餅肌もちもち(肌の柔らかい人に囲まれて食べる)

…などだ。
議論は長時間に及んだが、なかなか決まらなかったようで、結論は次回に持ち越しとなったらしいが、関係筋の話では、振興会長の孫娘が出した次の料理が有力だということだ。

●餅じゃないもん(まったく餅を使っていない餅料理)
by Joker-party | 2008-03-05 05:51

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party