人気ブログランキング |

2008年 04月 29日 ( 1 )

煉獄ルーペ

海沿いの歓楽街でやっていたフリマで、木箱に入った古い虫眼鏡を買った。
蓋の裏には、小さく「煉獄ルーペ」という焼文字があった。
持っていた本や手帳の文字をルーペで見てみたが、ただ大きく見えるだけだった。

俺は、歩きながら草花や鳥や虫やゴミ箱をルーペで眺めた。
やはり、ただ大きく見えるだけだった。
しかし、そのルーペを町行く人々に向けた瞬間、風景は一変した。

人々は、その表情ばかりか肌や髪の色までが違って見え、さらに服装や靴など身に付けている物すべてが違って見えたのだ。
どう違って見えたかを具体的に書き表すのは難しいが、あえて書くなら色彩も含めて無表情なのである。

例えば、向こうからおそらく中学生ぐらいだと思われる二人連れの女の子たちが、大きな棒付きキャンディーを舐めて楽しそうに話しながら歩いて来たのだが、煉獄ルーペで見てみると、まったく表情というものがない感じで、目や鼻や耳や口といった部位が楕円形の皿に載っているようにしか見えず、しかも歪んで不安定に載っており、どこまでが髪の毛でどこから手足なのかもよくわからず、服や靴下や髪留めやウェストポーチなどの色はぐにゃぐにゃと混じり合っているのだが、じゃあ何色かと聞かれても答えられず、そんな中でなんとかその存在が判別できるのは棒付きキャンディーぐらいなのであった。

そんな風景が連綿と続いている町をルーペで眺めていると、やがて眩暈がしてきて、俺の体重が一瞬消えたかのようにふらっとして、気が付くとマンホールの中に立っていた。

by Joker-party | 2008-04-29 08:15

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party