2008年 06月 02日 ( 1 )

鯛茶漬

鯛茶漬と申します上品なお料理がございます。
下味を付けました鯛の刺身を温かいご飯の上に乗せまして、その上からお出汁を掛けて頂くのでございます。
仄かな鯛の香りと柔らかい中にも歯ごたえのある食感が堪らない逸品でございます。

上品なお料理とは申しましてもお茶漬でございますから、召し上がる時は啜るのでございます。
音が出るのを嫌がっていては、このお料理の醍醐味は味わえないのでございます。
ですから遠慮なさらずに音を立ててお召し上がり下さいませ。

私も鯛茶漬を頂く時は、豪快に音を立てて啜るのでございます。
ズルズルズルッ、ズルズルズルッ、ズルズルズルズルッとでございます。
さらにズルズルズルッ、ズルズルズルッ、ズルズルズルッ、ズルズルズルッ。
もひとつズルズルズルッ、ズルズルズルッ、ズルズルズルッ、ズルズルズルズルッ。
そのうち、もうどうでもよくなっちゃって、気取ってんじゃねえよバカ、おめえらなんて大嫌いだ、ふざけんじゃねえ、という気持ちになっちゃってさ、残った茶漬を店にぶちまける。
[PR]
by Joker-party | 2008-06-02 05:07 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party