2008年 06月 03日 ( 1 )

気配を殺す

肉食動物は、獲物を狙う際に気配を殺すという。
僕は、それとは無関係に気配がないらしい。
別に気配を殺しているつもりはないのだが、気付かれないのだ。
ある友人に言わせると、存在感が薄いのだそうだ。

ある日、僕はふと思った。
そんなに自然に気配を殺す状態になってるなら、実際に獲物を狙ったらどうだろう。
獲物と言っても、牛や馬に噛み付くわけにはいかないし、そんなことしたくない。
とりあえず好きな食べ物を思い浮かべてみた。
ピザが浮かんだ。

僕はピザが大好物だった。
一度、ラージサイズのピザを思いっ切り何種類も食べてみたかった。
気配を殺せば、それも可能かもしれない。
そう思ったらワクワクしてきた。
僕はさっそくピザ専門店に向かった。

店に入ると、キッチンでは何種類ものピザが焼かれていた。
僕はカウンターに並べられたピザに近付いてみようと思った。
なんと簡単に接近することができた。
僕は、焼けたてのピザを一枚手に取ってみた。
誰も何も言わない。
パクついてみた。美味い!
誰も何も言わない。
もう一枚パクついた。美味い!美味い!
誰も何も言わない。
僕は、次から次へと思う存分好きなピザを食べまくった。
誰も何も言わない。凄い、凄いぞ!

僕は気配が殺せる自分を初めて嬉しく思った。
お会計は2000円だった。
[PR]
by Joker-party | 2008-06-03 04:12 | Comments(0)

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party