人気ブログランキング |

2008年 08月 03日 ( 1 )

噛む鮎

松男は、鮎が大好物だった。
もちろん塩焼きが一番だった。
旬になると、毎日食べても厭きなかった。

鮎好きには当然の成り行きで、松男は鮎釣りにも夢中だった。
釣りたての鮎を川原で焼いて食べるのは、最高だった。

ある日、松男は何匹かの鮎を釣り、いつものように七輪で焼いて皿に載せた。
そして、食べようと箸を近付けた。
その瞬間、焼かれたはずの鮎が飛び跳ねて、松男の鼻を噛んだ。
驚いて皿を見ると、鮎は塩焼きの状態で横たわっている。
痛みはあったが錯覚かと思い、再び箸を近付けると、鮎は再び飛び跳ねて噛んだ。
数回こんなことを繰り返して、松男は決心した。
今度は、噛んでも食べてしまおう。

松男は、箸を近付ける。
鮎は、飛び跳ね、松男を噛む。
その瞬間、松男は落下していく鮎をつかんで、口に入れた。
鮎は、松男の舌を噛み切って胃袋へと逃げ込んだ。

舌のなくなった松男は、喋れなくなったが、それでも鮎を釣っては食べ続けた。

by Joker-party | 2008-08-03 07:11

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party