人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バンド

ロックバンドの編成は、さまざまだ。
その中で多いのが、ヴォーカル&ギター(Vo.&Gt.)・ギター(Gt.)・ベース(B.)・ドラムス(Dr.)の4人編成と、ここから単独のギターを抜いた3人編成いわゆるスリーピースだろう。
この他に、キーボード・シンセなどの鍵盤楽器が加わるパターンや、トランペット・サックスなどの金管楽器が加わるパターン、もう一台のドラムセットやパーカッションが加わるパターンなど多種多様ある。

そんな中で少ないのは、木管楽器と弦楽器の参加じゃないだろうか。
弦楽器では、たまにヴァイオリンが加わったバンドがあるし、木管楽器でもフルートが加わったバンドがあるが、比率は少ない。
ハープやオーボエになると、かなり珍しいんじゃないかな。
これらの楽器がセッションに加わることはあったとしても、ハープとオーボエだけの2ピースバンドは稀だろう。

ヴォーカル&ハープ・オーボエの2ピースが紡ぎ出すロックミュージック!
聞いてみたいなあ(^o^)
by Joker-party | 2008-06-20 04:38

夜鳴き蕎麦

夜鳴き蕎麦をご存知だろうか?
今では、その存在を知る人も少なくなったが、完全に消滅したわけではない。

秋から冬にかけての寒い季節、路地裏に立って耳を澄ましていただきたい。
どこからともなく「しくしく、しくしく」という鳴き声が聞こえるだろう。
この声こそ、夜鳴き蕎麦の声なのである。

夜鳴き蕎麦とは、文字通り夜に鳴く蕎麦のことだ。
どうして夜になると鳴くのかは諸説あるが、概説すると悲しいからだ。
そのため「夜泣き」と書く説もある。

古い広告などに「夜泣き・かんむしに効く薬」とあるが、そんな薬を散布すると、一時的に泣き声は止まるらしい。
しかし、また次の夜になると、どこからともなく「しくしく、しくしく」という鳴き声が聞こえるのだ。

蕎麦は、とにかく「寂しがりや」らしい。
by Joker-party | 2008-06-19 07:32

家庭の賞与

ぼくのうちには、ボーナスがあります。
お父さんが、お母さんやぼくにくれるのです。
どんなときにくれるかは決まっていません。

こないだは、ぼくが「みはり」をしたら1000円くれました。
「みはり」っていうのはね、おみせでお父さんの近くに立って悪い人が見ていないか見ているお仕事です。

前に「なきむし」をしたときは3000円くれました。
「なきむし」っていうのはね、悪い人の前にたおれて大きな声でお父さんが来るまで泣きつづけるお仕事です。

お母さんは、知らない男の人がうちに来たあとでよくボーナスをもらっています。
ぼくは、そんなやさしいお父さんがだいすきです。
by Joker-party | 2008-06-18 02:28

自信家

お隣のご主人って、大変な自信家なんです。
お見受けした限りでは、小柄で痩せてらっしゃるし、そうは見えませんですけどね、お話ししてみると、ご自分に自信がおありだってすぐわかりますよ。

こないだもテレビで健康特集みたいのあるでしょ、そういうの見たから、ゴミ出しの時にお隣のご主人につい「いつもお元気そうで羨ましいわ」って話し掛けたんです。
そしたらご主人「はい。世界一なんですよ」ですって。
まず「はい」が凄いですよねえ。
あたくしなら、「いえいえ。そんなことございません。これでもちょくちょく風邪を引くんですよ」とか答えますもの。
その上「世界一」ですからね。相当な自信家じゃないと言えませんでしょ。
それにしても、世界一の健康って基準がよくわかりませんものですから、お愛想で笑ってつい「それじゃあ百歳まで長生きされるわねえ」って言ったんです。
そしたらご主人「いいえ。二百歳まで生きる予定なんです」ですって。
あたくしなんて明日の予定も立たないのに、百五十年後の予定がおありなんですから、もう大変な自信家ですわね。
by Joker-party | 2008-06-17 07:10

富籤

「おう、富籤が出るそうじゃあねえか」
「なんだい、それ」
「なんだいって、こんだの祭だよ八幡様の」
「へえ、そうかい」
「おめえ買わないのか」
「買うってなんだい」
「馬鹿言ってるよ。富籤に決まってんじゃねえか」
「買わねえな」
「なんで」
「当たった試しがねえ」
「試しっておめえ買ったことあんのか」
「ねえさ」
「じゃあ当たるわきゃねえ」
「そうかい」
「いいから一度騙されたと思って買ってみな」
「騙されんのは御免だ」
「しけた野郎だな。四の五の言わずに買ってみなってんだよ」
「じゃあおめえ買っといてくれ」
「俺が買ってどうする」
「当たったら貰う」
テケテンテンテンテン、チャンチキチャンチキ
by Joker-party | 2008-06-16 03:45

留守中の出来事

久しぶりに名古屋へ行って、東京に帰って来た。
たった一日の留守中に、こんなモノが出来ていた。
これは、昨日開通したばかりの地下鉄副都心線・渋谷駅の構内である。
世界的に活躍する建築家・安藤忠雄氏の設計で、史上初「地下鉄の駅なのに空が見える駅」で、構内に巨大な吹き抜けがあるのだ。
安藤忠雄氏は建築家だが、環境問題への提言など感心させられる発言が多い。
「どんな分野にもグローバルな視点は大事だな~」って、出来立ての地下鉄で思いました。
留守中の出来事_d0135882_9255027.jpg

by Joker-party | 2008-06-15 09:26

我輩は下戸である

我輩は下戸である。
名前は、まだナイフのようにとんがって丸くなれない俺には似合わないがマモルという。
頭も眉毛も剃り込んで眼光も鋭く見るからにワルと思われるのだが、実は甘党だ。
大酒飲みに見えるらしいが、酒は一滴も飲めない。
そのかわり御汁粉なら何杯でもおかわりできる。

我輩は下戸である。
そのため、たまに何を間違ったのか後輩から合コンなどに誘われると実に困る。
みんながイッキイッキとか古いコールをして盛り上がってる横で、パフェとかつつくのは情ない。
酔った勢いで次々と臨時カップルが出来上がりイチャイチャし始めるのを見るのは辛い。
最近は女子にも下戸がいないのがもっと辛い。

我輩は下戸である。
ゲコゲコなので、もしかしたら蛙かもしれない。
いや、たぶん蛙だ。
そうだ、俺は蛙なのだ。
ゲコゲコ、ゲコゲコ、ゲコゲコゲコゲコ。 
                                            (名古屋にて)
by Joker-party | 2008-06-14 08:44

「これはどうかな?」
お父さんは、目の前の岩を指さしてチーちゃんに聞きました。
「ちょっと小さいなあ」
チーちゃんは答えます。
「よし、もう少し登ってみよう」
二人は、また山道を歩き始めました。

だんだん道が険しくなってきます。
お父さんは、ふうふう息を吐いています。
「こっちこっち、早く~」
チーちゃんは元気です。
お父さんの前をピョンピョン飛び跳ねながら歩いていきます。
「もう少しゆっくり歩いてくれないかな」
お父さんは頼みます。

「いいのがあった~!これに座ってみて」
チーちゃんは、横長の大きな岩を指さしてお父さんに言います。
「ようし」
お父さんは、その岩に腰を掛けました。
「うん、いいね。この岩にする」
チーちゃんは、リュックからスケッチブックを取り出して、岩に座ったお父さんを描き始めました。

by Joker-party | 2008-06-13 05:45

奇想天外

最近あまり耳にしなくなったが、奇想天外という言葉がある。
奇抜な発想のことだが、いい響きだ。
そして、なんだかワクワクする。

古い映画のポスターなどに「総天然色」とか「凄絶無比」とか書いてあるが、いずれも響きがいいし、これらもやっぱりワクワクする。
普段の生活では、そんなに四字熟語を使うことはないかもしれないけど、あえて意識して使ってみると面白い。(そんな実験は昔からいろんな人達がしてるけど…)

それはさておき、奇想天外だ。
奇抜な発想をするのは、楽しい。
発想だけならタダだしね。
そういう遊びは、道具もいらない。
どんどん連想を膨らませればいいのだ。

例えば、「喉から手が出る」という諺がある。
言いえて妙だけど、じゃあ「足が出たら?」とか「虎が出たら?」とか膨らませる。
もしかしたら、こんな遊びを国語の授業に取り入れている先生がいるかもしれないけど、そんな授業なら大賛成だ。

『喉から喉が出る』というタイトルで話を作れる子供たちが増えたら、衝動殺人は減るだろう。
by Joker-party | 2008-06-12 05:08

肉まんが好き!

とにかく あたしは 肉まんが好き!
ピザまんじゃダメ 肉まんが好き!
カレーまんはイヤ 肉まんが好き!
なにはさておき 肉まんがすき!

そんなに 肉まんが好きなら 肉まんになってしまえと 夫は言うけれど
あたしが 肉まんになったら 肉まんを食べれないから 肉まんにはなりたくないの

声を大にして言いたいことがある
すべてのコンビニで 一年中 肉まんを売れ!
真夏にふらりと入ったコンビニで 肉まんが売ってないと ムカつくとか言うレベルじゃないぜ
あたしは コンビニで 肉まんしか買わないから
てゆうか 肉まんしか 食べないから

昨日の食事、教えて欲しい?
そうか 教えて欲しいんだ
じゃあ 教えてあげるね
朝 肉まん 昼 肉まん 夜 肉まん 肉まんのおひたし 肉まんの唐揚 肉まんの刺身

とにかく あた

 *この文章は、青少年に悪影響を与えるため途中で削除されました。
by Joker-party | 2008-06-11 05:00

冗談会議の怠慢なブログ


by Joker-party