人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

有袋類と出家

世界的に貢献する物理学などではないから、ノーベル賞とは程遠い存在ではあるが、地道な研究が評価されて今回地域の名誉市民となった臼田教授の卒論『有袋類と出家』が、これを記念して地元の小さな出版社から出版された。
臼田教授の人柄もあって、地元書店で行われたサイン会では多くの市民が並んで本を買い求めたという。
しかし、ほとんどの市民は、その内容の難解さから最初の数ページだけチラ見しただけで、読み通した人は極めて少ないようだ。
臼田氏の著書『有袋類と出家』は、こう始まっている―――。

地球温暖化を加速させる大きな原因としての都市部家庭内廃棄物処理方法として注目すべき買い物袋の携帯に伴う有袋類の比率が南半球の諸島に棲息する原始的有袋類の比率と逆転する危機に鑑みて出家する仏教系西洋人と伝統的建造物中でも近代化遺産との有機的結合については、添付のラテンパーカッションで腰を振るに越したことがないとはいえ、腰痛に効く温泉が近隣にあるとは限らないので注意されたい。

内容もさることながら、ワンセンテンスが長い!

by Joker-party | 2008-12-11 07:05

絹の下着は高級品だ。
高いだけあって、とてもスベスベと肌触りがいいそうだ。
それだけでなく保温力もあり、しかも丈夫だということである。
そんな絹は、蚕の吐き出す糸によって作られた繭から生まれます。

繭は、ひっそりと、寝ている。
そのまま、ずっと、放っておいたら、蛾になって、飛んでいくのか。

合掌造りの養蚕農家の窓から、飛び出していく蛾の大群。
蛾の大群は、やがて物凄い数の絹の下着をくわえて戻ってくる。
集まった絹の下着は、蛾によって村の中央に集められ、巨大な繭になる。

巨大な繭の前で、ひざまづき祈る村人たち。
「ああ、まゆら、おお、まゆら。ああ、まゆら、おお、まゆら」
そう口々に叫んで何度も祈る。

フランス人のモデルさんが橋の上をウォーキングする村に、人々の声が響き渡る。
「ああ、まゆら、おお、まゆら。ああ、まゆら、おお、まゆら」
パリコレも近いのだろう。

by Joker-party | 2008-12-10 06:16

貝殻が邪魔

チーちゃんは、パパとビデオを見ています。
パパは、最近会社に行ってないのです。
会社の人から「来なくていいよ」って言われたんだって。
チーちゃんは、毎日パパと遊べるので喜んでいます。

ビデオでは、海岸で女の人達が踊っています。
元気な音楽に乗って楽しそうに腰を振っています。
女の人達のお胸とお股には貝殻が付いています。
「どうして貝殻が付いてるの?」
チーちゃんは、パパに聞きました。
「あれは踊りの衣装なんだよ」
「イショウ?」
「そう。お祭だからね、普通の服じゃつまらないでしょ」
「でも、貝殻が邪魔だね」
「邪魔かなあ?」
「うん。だってオッパイが見えないよ」
「そうだね」
「パパ、オッパイ好きでしょ?」
「そうだね」
「チーも大好き。だからね、貝殻が邪魔」
「よし、ちょっと待ってね」
そう言うと、パパは別のビデオと入れ替えました。

ビデオでは、お部屋で女の人が踊っています。
元気な音楽に乗って楽しそうに腰を振っています。
女の人達のお胸とお股にはなにも付いていません。
「わ~い、やった~!」
チーちゃんは嬉しそうです。
パパも嬉しそうです。

by Joker-party | 2008-12-09 05:44

美少年課

C市の警察には、美少年課という部署があるらしい。
少年課なら聞いたことがあるが、美少年課というのは初耳だった。
さっそく担当者に電話取材を試みた。

「美少年課っていうのは、珍しいですね」
「ええ。まだ全国でもウチぐらいしかないかもしれません」
「具体的には、どういった案件を扱うんですか?」
「美少年です」
「美少年の…犯罪とかですか?」
「もっと広い意味で美少年を扱っています」
「例えば?」
「美少年コンテストとか美少年狩りとか…」
「そういうのを取り締まる」
「いえ。開催したり…まあ、飲みサーみたいな?」
「美少年と遊んでるわけですか?」
「いえいえ。税金を使ってますから、遊ぶとかじゃなくて普及っていうか…」
「普及…」
「やっぱ男でもブサイクよりはイケメンって徳じゃないですか、なにかと」
「はあ、まあ」
「素直な気持ちでAV男優の仕事とか応募するじゃないですか、したら美少年の方がギャラいいんですよ。これって、どう思います?」
「さあ…でも、それってこの市の…」
「朝から晩まで美少年、美少年じゃないですか。もうウンザリですよ。どう考えたって美少年に行き着くわけですから、まあ、駆除するわけにも行かないでしょ。行政がしっかりしなきゃ、ね!」

電話は一方的に切られた。
by Joker-party | 2008-12-08 15:19

ロックな日々

向井秀徳氏の言葉に「R・O・C・Kでおまえを煽情」というのがある。
まさに、俺はR・O・C・Kで煽情されている。
そして、脳内を洗浄された上で、思索の荒野と呼ばれる戦場に立っているのだ。

ずっと、いつも、そばで、R・O・C・Kが鳴っている。
スピーカーを通さなくても、身体の中で鳴っているのだ。

ロックを聴き、ロックに酔いしれ、ロックで考え、ロックで書く―――。
そんなロックな日々を過ごして来た。
そして、これからもロックな日々を生きていくだろう。

ところで、ご存知のように浅草には六区という古くからの歓楽街があり、そこに「ロック座」という古くからあるストリップ劇場がある。
ロックは、Rock Musicであると同時にストリップなのだ。
つまり、ロックミュージシャンとストリッパーは兄弟みたいなものだ。

よし、これからも爆音の中、脱ごう!
はいっ、もう一枚っと…。
チャプリンに愛を込めて『露出狂時代』を作ろう。

うん。今日の気分は、そんな感じ。

by Joker-party | 2008-12-07 11:27

節約してもゼロ

やあっ!ど~も、クラリスト佐藤の『暗い話』のコ~ナ~~ッ!
いよいよ年の瀬だね!
12月最初の週末だから、張り切って暗~い話をするよ!

世間じゃリストラの嵐が吹き荒れているってニュースで言ってるよね。
このままじゃ年も越せないって嘆く声があっちこっちで上がってるんだって。
もちろん、ボクだっておんなじだよ!
年越しどころか一日一日ギリギリだよ。
もう笑っちゃうしかないほど貧乏だよ!

そんな時は、なんたって節約だよね。
お湯を沸かすときは、必要な分だけ計って沸かすか、沸かさないよ。
器具の電源コードは、使うとき以外はコンセントから抜くか、使わないよ。
ほんの少しの食べ物を見て、いっぱいあるんだって想像してお腹を膨らませてから食べるよ。
なんか欲しいなあって思ったら、何度も何度も何度も見て、見飽きて別に欲しくないじゃんこんなもんって思えてくるまで見て、欲しくなくなっちゃうよ。

そんなふうに節約すると、すんごくお金が掛からなくなるよ。
でも、超最低限のお金は掛かっちゃうよ。
だから節約しても節約しても貯金はゼロだよ。
てゆうか、マイナスだよ!

どう?暗くなったかな?
それとも、あんたよりはマシだって思って元気出たかな?
そんなわけで、クラリスト佐藤の『暗い話』のコーナーでしたっ!
じゃあ、自販機の釣銭口に取り忘れの小銭があるのを期待して出掛けるねっ!


もう先行って小銭取って来ちゃったから、ないと思うわよ~ by佐藤の隣のオバチャン
by Joker-party | 2008-12-06 05:03

噂になってる店

麻実は、マスコミで噂になってる店があると必ずチェックしに行く。
昨日は、最近朝から行列が出来るという噂の定食屋に行ってみた。

その定食屋は、私鉄沿線の小さな駅前にあるのだが、平日の朝に限定12食で出されるメニュー「海苔茶漬」が評判で、遠くから来て早朝から並ぶという。
麻実は、せっかく並んで食べれないと悔しいので、始発に乗って朝5時半に店にやって来たが、すでに5人並んでいた。
開店は7時なので、寒い中ひたすら待った。

いよいよ開店。
さっそく「海苔茶漬」を注文。
ややあって、料理が運ばれてきた。
安っぽいプラスティックのお盆の上には、よくスーパーなどで6袋入りで売られている「お茶漬海苔」とドンブリ飯が置かれているだけ。
廻りを見ると、みな無言でテーブルの上の急須からお湯らしきものを注いで食べている。

麻実も、紙袋を開けて「お茶漬海苔」をご飯の上に降り掛け、お湯を注いで食べた。
美味しかった!
寒い中並んだかいあって、とても体が温まる。
これからも噂に左右されて生きていこう―――麻実は、そう思った。

by Joker-party | 2008-12-05 14:13

故障!

a trouble happened !d0135882_13354942.jpg
I can't enter in the door.

by Joker-party | 2008-12-04 07:27

詫姿五人男

 場所:食品会社の大会議室
 状況:有害物質混入事件の記者会見
 時間:午前10時頃


記者「いったい消費者を何だと思ってるんですか!」
会長「申し訳ございませんっ」
社長「申し訳ございませんっ」
専務「申し訳ございませんっ」
部長「申し訳ございませんっ」
課長「ま、なんつ~か~、仲間っつ~か~、そんな感じ?」

記者「謝って済む問題じゃないんだよ!人が死んでるんだ」
会長「申し訳ございませんっ」
社長「申し訳ございませんっ」
専務「申し訳ございませんっ」
部長「申し訳ございませんっ」
課長「てか、ウチの爺ちゃんも昨日死んじゃったんすよ」

記者「賠償金はもちろん、刑事的な罰を受けるのは当然ですよね。どうなんですか!」
会長「申し訳ございませんっ」
社長「申し訳ございませんっ」
専務「申し訳ございませんっ」
部長「申し訳ございませんっ」
課長「賠償金…ってゆ~か、ご霊前って感じっすよね…。じゃ、葬式とかあるんで」(去る)
部長「こら、待ちなさいっ!」(追って去る)
専務「こら、待ちなさいっ!」(追って去る)
社長「こら、待ちなさいっ!」(追って去る)
会長「こら、待ちなさいっ!」(追って去る)

by Joker-party | 2008-12-03 10:21

黙っている。
じっと耐えている。
岩のように。

情緒不安定で短気な夫は、突然なんの前触れもなく怒り狂い、あたりかまわず怒鳴り散らし、部屋じゅうの物を投げ付けて壊し、あたしを殴る。

黙っている。
じっと耐えている。
岩のように。

やがて夫は、夏の嵐が去って行くように静かになり、ごめんね、ごめんね、ほんとにごめんね、と泣きながら何度も謝って、あたしの前に額を擦り付ける。

黙っている。
じっと見ている。
岩のように。

そのうち夫は、また怒り狂い、また泣いて謝り、怒り狂い、泣いて謝り、繰り返す。

黙っている。
そっと出て行く。
岩じゃないから。
by Joker-party | 2008-12-02 07:39

校倉元の冗談なブログ


by Joker-party